蘇原能実行委員会規約

  2019年4月10日制定

  2019年8月29日改正

 われらは、苦難に耐えて今日の私たちの生活の基を(きず)かれた先人の(こころざし)を後生に伝えるため、その崇高で悲壮な生き様を厳粛で幽玄な新作能として公演し、文化・芸術・教育に資することに努めるものである。

第一章 総 則

第1条(名称)野口薪能奉納実行委員会を蘇原能実行委員会と改める。

第2条(本部)蘇原野口町2-75の寺田家集会室(旧土蔵)に置く。

第3条(目的)先人の志を後生に伝え、文化・芸術・教育に資する。

第4条(方針)分かりやすく新鮮で感動的な実演をめざす。

第5条(委員)有志の蘇原住民及びこれに協賛する近隣住民とする。

第二章 役 員

第6条(選任)設立集会及びその後の総会で選任する。

第7条(代表)総会で選挙し、会を代表して執行を統括する。

第8条(会計)総会で選挙し、代表を補佐して出納を管理する。

第9条(監査)総会で選挙し、執行を監督する。

第三章 運 営

第10条(総会)毎年3月初旬に開催し、会計報告や活動方針を決定する。

第11条(作品等の著作権)当実行委員会に属する。

第12条(内容の推敲)能楽師の助言と、総会の承認を得て行う。

第13条(経費)寄付、書籍・CD等の売り上げをもって充てる。

第14条(思想信条の自由)当会は特定の政党や宗派には属さない。

第15条(議決)委員は自由に発言し、過半数の賛成を得て行う。

第16条(特別議決)規約改正や会の解散等は3分の2以上の賛成を得て行う。

第17条(余剰金)次会の開演のために繰り越し、役員の飲食に使わない。

以上